結局『指名料』の多い風俗嬢が収入が多いということになるの?

仰向けになり自分の下着をつまむ女性

風俗のお店では「指名」という制度がとられているところが非常に多いです。お店の前だったりホームページだったりするところへ「本日出勤している女の子の顔写真」が載せられています。

求人を見がてらホームページを見たことがあるという女性ならご存じではないでしょうか。

お客様のお気に入り

当然、お客様は「今日はこの子に接客をしてもらいたいな」という女性を指名してきます。お客様のお気に入りという人もたくさんいて「この人じゃないと今日は風俗で遊ばない」という男性もいるくらい指名の制度というのは大切なものなのです。

お客様のお気に入りというのは、女性の収入にも直結します。

指名料が支払われる

といいますのも、男性が特定の女性を指名する場合にはサービスを受けるための料金の他「指名料」というものを支払わなければなりません。

これはきちんと女性の報酬にも反映されるものであり、指名してもらえればしてもらえるほど指名量がきちんと普通の料金に上乗せされるためどんどん稼いでいくことが出来るのです。

常連さんをつかもう

一番よいのは常連さんをつかんでしまうことです。いつも違う人を相手にしているよりも、常連のお客さんをつかんでしまえば仕事の流れもある程度パターン化できますしなにより細かいことを気にせずともさっさとお仕事を始められてしまうからです。

心理的にも経済的にも負担が軽くなるのはありがたいものです。

容姿がよければそれでいいではない

時として「風俗で働くためには容姿がよくなければならない」というような声が聞かれます。しかし、実際に風俗で働く女性には様々な容姿の人がいらっしゃいます。

自分が出来る範囲の中でお客さんを喜ばせようという意識が大切なのです。